Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「情報セキュリティ白書2010」を発刊 - 個別テーマ充実、10大脅威も収録

情報処理推進機構(IPA)は、2009年度の情報セキュリティに関する動向を取りまとめた「情報セキュリティ白書2010」を発行した。同機構では9月1日より発売し、アマゾンや全国官報販売協同組合販売所では近日中に提供を開始する。価格は1429円、ISBNは「978-4-9905363-0-5」。

同白書では、情報セキュリティ対策製品やサービスなどを提供する供給側、利用者側両方の側面から動向や展望について取りまとめたほか、関連法規や制度、人材、ネットワークインフラなど情報セキュリティ基盤の状況について解説している。

さらに個別テーマとして、中小企業のセキュリティ対策をはじめ、アイデンティティ管理や生体認証といった技術動向、オンラインゲーム関連の脅威、米国における脆弱性対応の現状などについてレポート。3月に同機構が発表した「2010年版10大脅威」の解説についても収録している。

(Security NEXT - 2010/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティ白書2017」を発売 - IoTやFintechに注目
IPA、「情報セキュリティ白書2016」を発売 - 8月に電子書籍版も
IPA学生向けセキュリティ啓発コンクールで受賞作が決定 - 学校39校が特別賞
「情報セキュリティ白書2015」が登場 - IoTや標的型攻撃の話題も
【書籍】IPA、「情報セキュリティ白書2014」を発行 - 電子版もリリース予定
【書籍】インシデント状況や攻撃手口などを解説した「情報セキュリティ白書2013」
標的型攻撃やスマホなどあらたな課題を収録「情報セキュリティ白書2012」
スマホやクラウドの課題も収録した「情報セキュリティ白書2011」
情報セキュリティの動向を収録した「情報セキュリティ白書2009」が出版
IPAが2008年10大脅威を発表 - 「多様化する脅威へ立場に応じた対策を」