Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

成宮寛貴さんが犯罪者に扮して闇市場の怖さを訴えるキャンペーン

シマンテックは、サイバー犯罪の実状を紹介し、セキュリティ対策を呼びかける啓発キャンペーン「Black Market」を都内で展開している。今後は、全国主要都市で公開予定だという。

同社では、大手町メトロスクエアにイベントブースを8月27日まで設置。スペース内では、同社がCMキャラクターに起用、情報窃取やネットストーカーを行うサイバー犯罪者に扮する成宮寛貴さんが登場するサイバー犯罪の関連映像を展示。個人情報が闇市場で売買されている現状など、サイバー犯罪の実態を紹介する。

記者会見に出席した成宮さんは、誤ってリンクをクリックし、危うく不正サイトにアクセスしそうになったり、最近友人がウイルス被害に遭い、復旧に時間がかかったエピソードを披露。セキュリティ対策の重要性を訴えた。

成宮寛貴さん
シマンテックの発表会に出席した成宮寛貴さん

(Security NEXT - 2010/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
ボットネット「Cutwail」、日本狙うメール攻撃に新展開 - 画像に命令埋め込む「ステガノグラフィ」を悪用
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
「Struts 2」脆弱性を狙う攻撃キャンペーン「Bleeding Thunder」 - 国内企業のサイト含む標的リストも