Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNSでフィッシング対策、テレビやブルーレイにもセキュリティサービスを展開 - シマンテック

シマンテックは、コンシューマー市場向けの販売戦略「Norton Everywhere構想」を発表した。PC以外の機器についてもセキュリティ対策を展開していくとしており、数週間以内に「Norton Smartphone Security for Android Beta」「Norton Connect Beta」「Norton DNS Beta」をリリースする予定。

モバイル向けの戦略として、市場が拡大するスマートフォン向けにサービスを展開する計画で、6月には「Norton Smartphone Security Beta for Android」をリリースる計画。同製品では、デバイス紛失時に遠隔でデバイスをロック、抹消が可能となるほか、マルウェア対策機能や通話ブロック機能などを提供する。

「Norton Connect Beta」についてはすでに公開済みのアプリで、「iPhone」や「iPad」からノートン360のアーカイブデータへアクセスが可能となっている。

また「Norton DNS」では、フィルタ機能などにより、フィッシング対策、マルウェア対策、スパイウェア対策といった危険へ対応するDNS。6月より無償で提供する予定で、ユーザーは自身のDNSを変更することで利用できるという。

「ノートンフォースマートデバイス」では、サービスをブルーレイプレイヤーやテレビ、メディアストリーマー、スマートフォン、ホームセキュリティシステム、デジタルカメラ、ピクチャーフレームなど、ネット接続が可能なデバイスに対しセキュリティサービスを供給する。

(Security NEXT - 2010/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
PCカメラでの盗撮を物理的に防御、スライド式カバーが発売
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増
広告機能のみのアプリが「Google Play」で流通 - 紹介ページにある魅力的な機能はデタラメ