Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DB監査製品をバージョンアップ、特権IDの特定操作などが警告可能に - インサイトテクノロジー

インサイトテクノロジーは、データベース監査製品の最新版「PISO 4.2.2」を5月24日より提供開始する。

同製品は、データベースへのアクセス状況のログを記録し、必要に応じて抽出したり、不正アクセス検知時に警告を行うことができるセキュリティ製品。レポート機能によりアクセスログの追跡が可能で、データの改ざん防止機能なども搭載している。

最新版では、「検索」「更新」「削除」などデータベース操作ごとの警告機能を追加。特権IDによる更新、削除、挿入といった処理をリアルタイムで警告したり、レポートを製作することができるようになった。

(Security NEXT - 2010/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
キヤノンITS、フィルタリングソフトに新版 - マルウェア通信の検知機能など追加
WhiteSource製OSS管理ソリューション - ライセンスや脆弱性を可視化
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
脅威レベルを無償で判定できるサービス - マクニカ
ALSI、フィルタリングソフトにトレンド脅威対策製品との連携オプション
カスペルスキー、ITインフラ全体の情報から攻撃を検知するソリューション