Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「国民を守る情報セキュリティ戦略」が決定 - マルウェア解析の適法化や税共通番号制なども視野に

情報セキュリティ政策会議は、情報セキュリティ政策の基本戦略「国民を守る情報セキュリティ戦略」を決定した。

2009年7月に米国や韓国でDDoS攻撃が発生したり、「Gumblar」による改ざん被害など拡大しており、こうした背景のもと、サイバー攻撃が発生した際に対応できる体制の整備や、情報セキュリティ対策が経済成長戦略に寄与するよう、情報通信技術の利活用を目的とした政策などとの連携強化も目指したもの。

同戦略では、「第2次情報セキュリティ基本計画」を踏まえて今後の情報セキュリティ戦略をあらたに策定したもの。サイバー上の安全保障や危機管理、IT利活用など踏まえた政策強化など取りまとめた。

政府や官民連携の政策に限らず、国際連携や地方公共団体、独立行政法人における情報セキュリティ対策についても言及している。

(Security NEXT - 2010/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
「SSL/TLS暗号設定ガイドライン Ver.2.0」を公開 - IPA
経産省、IoT社会を視野にいれた産業界向けセキュリティフレームワーク - パブコメ実施
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
EUの十分性認定に向けた個人データ取扱ガイドライン案 - パブコメ実施
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
セキュリティ対策の情報開示のあり方でパブコメ - 総務省
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ