Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「読み取り専用モード」をあらたに搭載したセキュリティUSBメモリ - 「TRAVENTY」シリーズ

イーディーコントライブは、ウイルス対策や情報漏洩対策などセキュリティ機能を搭載した企業向けUSBメモリ「TRAVENTY」および管理者機能を省いた「TRAVENTY Light」シリーズを発表した。「TRAVENTY Light」は5月20日、「TRAVENTY」は7月1日発売予定。

同製品は、同社の企業向けセキュリティUSBメモリ「Sdcontainer」シリーズの後継製品。強制的に暗号化する機能やパスワード認証、ウイルス対策機能、「Autorun.inf」ファイル削除機能、使用制限設定など、セキュリティ機能を搭載している。

今回あらたに「読み取り専用モード」を搭載。メモリにデータを書き込むことができないため、ウイルスに感染したPCで使用した場合でも、メモリへウイルスが混入することを防ぐことができる。また管理者ツールのデザインを一新したほか、バージョンアップやポリシー変更のネットワーク配信に対応した。

(Security NEXT - 2010/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ
バッファロー、自社製品利用者向けにデータ復旧サービス - 保証期間中の軽度論理障害は無償
ALSI、「InterSafe ILP」の新版 - 自動バックアップ機能など
ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売