Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

印影など顧客情報約8100人分が含まれる申込書を紛失 - ゆうちょ銀

ゆうちょ銀行において、印影など顧客情報約8100人分が記載された書類を、紛失したことがわかった。

1999年9月から2003年12月までに国債の買取請求を受けた際の「国債等証券購入申込書」が、同行大阪貯金事務センターで所在不明になっていることが、4月15日に判明したもの。顧客の氏名や住所、生年月日、印影、取引金額、口座番号など含まれる。

今回の事故に関連すると見られる問い合わせや不正利用は確認されておらず、同行では紛失した書類は2005年以前に廃棄された可能性が高いと説明している。

(Security NEXT - 2010/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報が所在不明に、忘年会の荷物置場からなくなる - 横浜市立大病院
ふるさと納税の寄付者に関するマイナンバーなど個人情報を紛失 - 丹波市
未受領で返送されたマイナンバー通知カードを紛失 - 川崎市
住民の個人情報含む書類を紛失 - 杉戸町
顧客情報含むPCが帰宅途中に盗難 - ベンゼネラル
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府