Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

要件定義など上流工程から脆弱性対策を支援する資料

情報処理推進機構(IPA)は、ウェブアプリケーション開発の品質保証部門向けに、上流工程からの脆弱性対策を支援する資料を公開した。

同資料では、「セキュア・プログラミング講座 Webアプリケーション編」で取り上げた脆弱性について、特性に配慮した上で、上流工程から脆弱性対策へ取り組むことができるよう取りまとめた。脆弱性対策チェックリストや用語解説も用意している。

テスト工程に至ってから脆弱性対策を行った場合、コストや納期面でデメリットが多いとし、上流工程から対応すべきポイントについて収録。要件定義では「暴露対策」、設計では、「セッション」「アクセス制御」、実装では「入力対策」「エコーバック」「サイトデザイン」などの対策を盛り込んだ。

(Security NEXT - 2010/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
脅威や脆弱性情報の提供や対策立案を支援するサービス - CTC
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
航空業界向けにセキュリティ対策サービス - エフセキュア
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
脆弱性の影響や対応状況の可視化サービス - NTTコム
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応