Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

要件定義など上流工程から脆弱性対策を支援する資料

情報処理推進機構(IPA)は、ウェブアプリケーション開発の品質保証部門向けに、上流工程からの脆弱性対策を支援する資料を公開した。

同資料では、「セキュア・プログラミング講座 Webアプリケーション編」で取り上げた脆弱性について、特性に配慮した上で、上流工程から脆弱性対策へ取り組むことができるよう取りまとめた。脆弱性対策チェックリストや用語解説も用意している。

テスト工程に至ってから脆弱性対策を行った場合、コストや納期面でデメリットが多いとし、上流工程から対応すべきポイントについて収録。要件定義では「暴露対策」、設計では、「セッション」「アクセス制御」、実装では「入力対策」「エコーバック」「サイトデザイン」などの対策を盛り込んだ。

(Security NEXT - 2010/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す