Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

16件の脆弱性を解消した「QuickTime 7.6.6」を公開 - Windows、Macに影響

米Appleは、複数の脆弱性を解消したマルチメディアソフトの最新版「QuickTime 7.6.6」を公開した。

今回のアップデートでは、16件の脆弱性が解消された。OSによって影響を及ぼす脆弱性の件数は異なるが、Mac版、Windows版いずれも脆弱性への対処が行われた。

脆弱性は、「MPEG」や「FlashPix」のほか複数の動画ファイル処理やオーディオ処理、PICTやBMPといった画像ファイルを処理に脆弱性が含まれ、細工されたファイルなどを開くとコードが実行されるおそれがある。

(Security NEXT - 2010/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ
CMSの「TYPO3」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Oracle WebLogic」に脆弱性、攻撃が発生中 - 早急に更新を
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
設定ミスにより危険な状態の「SAP」が多数存在 - 攻撃ツールが流通
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 5月14日にパッチを公開予定
「Chrome 74.0.3729.131」で脆弱性2件を修正
「Cisco Nexus 9000シリーズ」にroot権限奪われるおそれ
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる