Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人気ゲームソフトの海賊版に複数マルウェア - 正規版の著作権対策逃れるユーザーを狙い打ち

BitDefenderは、人気潜水艦シミュレーションゲームの最新版「Silent Hunter 5」の海賊版に注意を呼びかけている。同シリーズは海外の作品だが、国内でも販売されている。

同社によれば、2010年に発売された最新版では著作権対策の機能が強化されたことから、海賊版を求めるユーザーが増加。海賊版を探していると見られる検索語も検索エンジンのランキングで上位に位置しているという。

同社では、こうした検索結果から「Backdoor Agents」や「Rootkits」など複数のマルウェアへ感染する海賊版を確認しており、海賊版を利用することはゲームを楽しむことの代わりにマルウェアの脅威にさらされると指摘。

ネット上の不審なリンクではなく、信頼あるアプリケーションをダウンロードするよう推奨。著作権の重要性や海賊版の危険性を認識し、最新セキュリティ対策ソフトを利用するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

病院のインシデント対応を疑似体験できるシュミレーションゲーム
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
男子中高生の将来なりたい職業、トップは「ITエンジニア、プログラマー」
「Dirty COW」判明から約1年、初の対Android攻撃 - 危険なアプリが30万件以上
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
「モンスト」でメール誤送信、キャンペーン当選者のメアド流出
9月19日ごろよりDDoS脅迫メール出回る - 攻撃グループ「Phantom Squad」名乗る
カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
スマホ向けRPG「陰陽師」のメルマガで誤送信 - メアドが流出
「Google Play」上に広告収入狙いのアドウェアが300件以上流通