Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人気ゲームソフトの海賊版に複数マルウェア - 正規版の著作権対策逃れるユーザーを狙い打ち

BitDefenderは、人気潜水艦シミュレーションゲームの最新版「Silent Hunter 5」の海賊版に注意を呼びかけている。同シリーズは海外の作品だが、国内でも販売されている。

同社によれば、2010年に発売された最新版では著作権対策の機能が強化されたことから、海賊版を求めるユーザーが増加。海賊版を探していると見られる検索語も検索エンジンのランキングで上位に位置しているという。

同社では、こうした検索結果から「Backdoor Agents」や「Rootkits」など複数のマルウェアへ感染する海賊版を確認しており、海賊版を利用することはゲームを楽しむことの代わりにマルウェアの脅威にさらされると指摘。

ネット上の不審なリンクではなく、信頼あるアプリケーションをダウンロードするよう推奨。著作権の重要性や海賊版の危険性を認識し、最新セキュリティ対策ソフトを利用するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
広告機能のみのアプリが「Google Play」で流通 - 紹介ページにある魅力的な機能はデタラメ
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
深刻化するセキュリティ人材不足、金脈はゲーマーにあり?
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ゲームの脆弱性対策技術を競うコンテストがスタート