Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人気ゲームソフトの海賊版に複数マルウェア - 正規版の著作権対策逃れるユーザーを狙い打ち

BitDefenderは、人気潜水艦シミュレーションゲームの最新版「Silent Hunter 5」の海賊版に注意を呼びかけている。同シリーズは海外の作品だが、国内でも販売されている。

同社によれば、2010年に発売された最新版では著作権対策の機能が強化されたことから、海賊版を求めるユーザーが増加。海賊版を探していると見られる検索語も検索エンジンのランキングで上位に位置しているという。

同社では、こうした検索結果から「Backdoor Agents」や「Rootkits」など複数のマルウェアへ感染する海賊版を確認しており、海賊版を利用することはゲームを楽しむことの代わりにマルウェアの脅威にさらされると指摘。

ネット上の不審なリンクではなく、信頼あるアプリケーションをダウンロードするよう推奨。著作権の重要性や海賊版の危険性を認識し、最新セキュリティ対策ソフトを利用するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
不正アプリ38種がGoogle Playで流通 - 広告目的か
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
「Minecraft」の脆弱性狙う破壊型マルウェア - 5万アカウント以上で被害か
不正アクセスはVPN経由、社内チャットで情報収集か - マイネット報告
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
スマホゲームのプレゼント企画でメール誤送信