Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オープンソースのSNSソフト「OpenPNE」に「なりすまし」の脆弱性

情報処理推進機構(IPA)は、オープンソースのSNSサイト構築ソフト「OpenPNE」に脆弱性が見つかったとして注意喚起を行った。

なりすましの脆弱性が見つかったもので、「OpenPNE」へ登録していない携帯電話から、登録した携帯電話になりすましてアクセス可能となるもので、サイト上へ登録した個人情報が閲覧されたり、改ざんされるおそれがある。

高木浩光氏が同機構へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。同機構では、脆弱性の影響が大きく利用者も多いとして注意喚起に踏み切ったもので、最新版へ更新したり、回避策を実施するよう呼びかけている。

OpenPNE
http://www.openpne.jp/

情報処理推進機構(IPA)
http://www.ipa.go.jp/

JPCERTコーディネーションセンター
http://www.jpcert.or.jp/

(Security NEXT - 2010/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性