Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「トロイの木馬」認知度、日米英が全体平均を下回る - RSA調査

RSAが欧米や太平洋地域などで実施した調査によれば、国内ユーザーにおける「トロイの木馬」に対する認知度が、全体平均を大きく下回っていることがわかった。

米RSAが2009年10月に欧米や南米、太平洋地域のインターネット利用者4539人を対象に実施した意識調査「RSA Global Online Consumer Survey」で判明したもの。日本人は200人が回答した。

同調査において日本人におけるフィッシングを認識しているとの回答は、全体平均の76%を10ポイント上回る86%。米国(82%)や英国(80%)より高い結果となった。

日本人におけるフィッシングメールの被害経験は6%で、全体平均の29%や米国の31%、英国の26%を大きく下回っている。RSAセキュリティは、国内において巧妙なフィッシング攻撃が少ないことが原因だと分析している。

一方「トロイの木馬」の認知度については全体平均は80%である一方、日本の55%をはじめ、米国(73%)、英国の(75%)と先進国が平均を下回り、こうした攻撃に対して脅威を感じるとの回答も、日本の38%をはじめ、4割から5割程度で、いずれも全体平均の54%に達しなかった。

(Security NEXT - 2010/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加