Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UNIX向けウイルス対策ソフトで「AIX」向けサポートを強化 - ソフォス

ソフォスは、同社のウイルス対策製品「Sophos Anti-Virus for UNIX version 7」におけるUNIX系OS「AIX」のサポートを強化すると発表した。

保護状況を一元管理する「Sophos Enterprise Console」において従来は「AIX」について別途管理する必要があったが、今回のマイナーバージョンアップにより管理対象へ「AIX」を追加したもの。2月15日より提供を開始する。

同製品により同OSほか、UNIXでは「Solaris」「HP-UX」など3種類への対応。他エンドポイント製品との併用により「Windows」や「Mac」「Linux」などマルチOS環境への対応がより柔軟に行えるようになった。

(Security NEXT - 2010/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化