Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トランスウエア、ツインエンジン搭載のスパム対策製品を値下げ

トランスウエアは、スパム対策製品「Active! hunter」の価格を2月1日より改定する。

同製品は、クラウドマークと学習型フィルタの2種類のスパム対策エンジンを搭載した製品。オプションでウイルス対策機能を追加することもできる。アプライアンス用の無制限ライセンスやアプライアンス用ハードウェアも用意している。

価格改定後は、50ユーザーが利用できる企業向けスタンダードライセンスが、初年度保守費用込みで19万5300円から。またアカデミックライセンスの場合、13万7550円から。無制限ライセンスは、スタンダード、アカデミックそれぞれ289万8000円、203万700円。

(Security NEXT - 2010/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
国内で検知急増のランサム「Jaff」に復号化ツール