Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

22日公開予定のMS定例外パッチについて適用を推奨 - シマンテック

シマンテックは、マイクロソフトが22日より「Internet Explorer」の脆弱性を解消するセキュリティ更新プログラムの提供を開始すると発表したことを受け、脆弱性が与える影響が大きいとして、適用を推奨するコメントを出した。

すでに脆弱性を悪用する「Trojan.Hydraq」が出回っており、Googleを狙った攻撃など限定的でありながら影響が出始めている。同社によれば攻撃の傾向は、企業の役員などを狙った「標的型攻撃」で、実在組織を偽装して添付ファイルやリンクを送りつけて感染させるもので、情報漏洩だけでなくリモートで操作されるおそれがある。

現在わかっている攻撃の対象は「IE 6」のみに限定されているが、脆弱性を含むバージョンはIE 6以降と広範。今後「IE 7」や「同8」に対する攻撃が行われる可能性があると同社では指摘し、脆弱性への対応を呼びかけている。

シマンテック
http://www.symantec.com/ja/

(Security NEXT - 2010/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表