Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Secward Technologiesの日本法人が発足

米Secward Technologiesは、同社日本法人「Secwardジャパン」を設立した。

同社の主力製品は、ファイル暗号化製品「TotalFileGurad」。シーピーアイ・リバティー・算法が同製品の総代理店として展開してきたが、今回国内法人をあらたに設立し、情報漏洩対策市場への拡販に注力する。代表取締役社長は、ソフネックスの代表取締役社長でもある倉品一誉氏が就任した。

今後同社では、日本法人をアジア地域における拠点と位置づけ、活動を進めていくという。

(Security NEXT - 2009/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京海上日動、中小企業向け包括保険でサイバーリスクに対応 - 申告書不要
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
東京海上日動とMS、「テレワーク保険」を開発 - 対象端末に自動付帯
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険