Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染から現金化までワンストップで支援するFaaS「ZeuEsta Host」を確認 - RSA

RSAセキュリティは、包括的に詐欺を支援するFaaS「ZeuEsta Host」を確認したとして、11月27日にメディア向け説明会を開催し、攻撃手法など解説した。

「ZeuEsta Host」は、10月に同社が確認した手口で、トロイの木馬「Zeus」を利用した犯罪者向けのFaaS(Fraud as a Service)サービス。サービスの利用者数などはわかっておらず、同攻撃のブラックマーケットにおける市場規模もわかっていない。

同社マーケティング統括本部プロダクトマーケティングマネージャーの水村明博氏によれば、同攻撃では、トロイの木馬の感染からボットネットによる攻撃、レポートの作成までワンストップで提供し、ITリテラシーが低い詐欺師でもトロイの木馬を利用した攻撃が可能になる。

091127rs2.jpg
水村氏

サービスはひと月あたり100ドルから120ドル程度。サービスパネルも提供されており、感染状況など確認できる。ただし、リアルタイムにサイトを改ざんするMITBのような機能はなく、最終的にサービスを利用した攻撃者は、他詐欺師に入手した情報を売却することで現金化するという。

091127rs3.jpg
攻撃情報を確認できるコントロールパネルまで用意されている

(Security NEXT - 2009/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年下半期の捜査機関による開示要請は1725件、76%に対応 - LINE
ネット詐欺などの注意喚起情報でまとめページ - 消費者庁
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
他利用者に騙されウイルス感染、偽運営者によるアカウント詐取 - IPAがネットゲーム利用者へ注意喚起
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導
5秒の自然会話で認証する技術を開発 - NEC
オンライン本人確認事業で合弁会社検討 - セブン銀とISID