Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染から現金化までワンストップで支援するFaaS「ZeuEsta Host」を確認 - RSA

RSAセキュリティは、包括的に詐欺を支援するFaaS「ZeuEsta Host」を確認したとして、11月27日にメディア向け説明会を開催し、攻撃手法など解説した。

「ZeuEsta Host」は、10月に同社が確認した手口で、トロイの木馬「Zeus」を利用した犯罪者向けのFaaS(Fraud as a Service)サービス。サービスの利用者数などはわかっておらず、同攻撃のブラックマーケットにおける市場規模もわかっていない。

同社マーケティング統括本部プロダクトマーケティングマネージャーの水村明博氏によれば、同攻撃では、トロイの木馬の感染からボットネットによる攻撃、レポートの作成までワンストップで提供し、ITリテラシーが低い詐欺師でもトロイの木馬を利用した攻撃が可能になる。

091127rs2.jpg
水村氏

サービスはひと月あたり100ドルから120ドル程度。サービスパネルも提供されており、感染状況など確認できる。ただし、リアルタイムにサイトを改ざんするMITBのような機能はなく、最終的にサービスを利用した攻撃者は、他詐欺師に入手した情報を売却することで現金化するという。

091127rs3.jpg
攻撃情報を確認できるコントロールパネルまで用意されている

(Security NEXT - 2009/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
ギフト券30万円分の受注に見せかけたマルウェアメールが流通
金融機関や物流事業者名乗るマルウェアメールに注意を
Cisco、インターポールと脅威情報を共有 - サイバー犯罪対策で
約6割が「インターネット空間」に犯罪の不安感じる
銀行装うマルウェア感染メールに注意 - 法人向けの文面なども
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2017」が開催中 - 論文採択率は約2割