Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google基金からの賞金授与を装った詐欺メールが大量配信 - G DATAが注意喚起

G Data Softwareは、Google基金からの賞金授与を装って個人情報や金銭を騙し取ろうとする詐欺メールが大量に配信されているとして、注意を呼びかけている。

同社によれば、問題のメールは「Google基金2009」が賞金100万ユーロ(約1億3000万円)を授与するという内容のもので、賞金を受け取るためには個人情報を送信する必要があるほか、賞金を振り込むための手数料として先に数万円送金するよう指示されるという。

同メールはドイツで確認されたもので、文面もドイツ語で記載されているが、文法的に誤りが多く、英語の文章をドイツ語に機械翻訳したと見られている。また、ユーザーの信用を得るために、メールの文末にマイクロソフトやメルセデスベンツ、フォルクスワーゲン、コカコーラなど有名企業の名前が列挙されているという。

同社では、メールを受け取った場合には返信せず、速やかに削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「WordPress」の管理者アカウント狙うフィッシング - DB更新口実に誘導
東京オリンピックの便乗フィッシングメール、17万4000人に送信か
「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中
アマゾン装うフィッシング - アカウントの「盗難」「閉鎖」など複数口実で誘導
「LINE」利用者を狙うフィッシング報告が増加
「セゾンNetアンサー」装うフィッシング - 暫定的なID変更と不安煽る手口
偽「佐川急便」の不在通知SMS、今度は認証コード詐取するスミッシング
6億円当選かたり、個人情報詐取するフィッシング - プレゼント付預金の人気に便乗か
「支払い方法が他人に変更された」と不安煽る偽ソフトバンクに注意