Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SSL VPNアプライアンス向けに最新ファームウェアを公開 - ソニックウォール

ソニックウォールは、中小企業向けSSL VPNアプライアンス「SSL VPN 2000/4000」の最新ファームウェアを提供開始した。保守契約中の既存ユーザーは、無償でダウンロードして利用することができる。

最新ファームウェアの「バージョン3.5」では、インターフェースやルーティングなどIPv6へ対応したほか、リバースプロキシに対応するアプリケーションを拡張し、SharePoint 3.0」「Lotus Domino Web-Access 7.0」に対応した。

またクライアントPCにおけるアプリケーションによる接続をサポートさせるための同社の独自ツール「NetExtender」を「Windows Mobile」に対応させた。またバーチャルアシスト機能がMac OSに対応している。

(Security NEXT - 2009/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
不正サイトのブラックリスト配信サービス - NTTコム
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
ウォッチガード、AWS向けに「Firebox Cloud」を提供
「ノートンWiFiプライバシー」の対応プラットフォームが拡充
トレンド、無料Wi-Fiの盗聴リスクを低減するアプリ - 時間や通信量制限なし
トレンド、IoT機器を保護する家庭向けツール - LAN接続だけで利用可能
DNP、車載システム向けにセキュリティ対策ソリューション
ニフティ、PCだけでなくIoT全般を保護する家庭向けサービス
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討