Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

固有IDにより複製情報を含め一元管理する新技術 - 東芝ソリューション

東芝ソリューションは、複製された情報に固有のIDを付与して一元管理する新技術「inforester」を開発した。

同技術は、原本から複製した電子情報や文書、外部記憶メディアなどに固有の管理IDを付与して一元管理し、情報の所在追跡やライフサイクル制御を実現するもの。電子情報には専用の複製データ保護書式の中に管理IDを格納し、紙や外部メディアには二次元コード、RFID、透かし技術によりIDを付与する。

また複製や廃棄、閲覧などの実行権限などセキュリティ規則として設定可能。複製したデータにも原本から自動継承される。規則に違反した行為が実行された場合に取扱者に警告を行うことも可能。電子データについては、暗号化や改ざん検出機能も搭載しており、情報の不正利用を未然に防げる。

(Security NEXT - 2009/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic