Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Pマーク認定事業者による事故報告が減少、重大事故も少なく - JISAまとめ

情報サービス産業協会(JISA)は、2008年度中に受け付けた個人情報関連事故の報告状況について取りまとめ、公表した。

同協会が受け付けた事故報告件数は73社119件で、前回の88社141件から減少した。これらは、ほぼプライバシーマーク認定事業者による報告で、1件のみプライバシーマークへ新規申請中の事業者によるもの。事故を理由にプライバシーマークの認定が取り消された事業者はなかった。

同協会が報告を受けた事故の43.7%は紛失による事故で、次いでメールの誤送信が17.6%、委託先の事故が16%。発送物やファックスの誤送付が10.9%、宅配便や郵便の紛失が4.2%と続き、これらで全体の約9割を占めている。

52件発生した紛失事故のうち、携帯電話の紛失が38件と多かった。ノートパソコンの紛失については3件、またUSBメモリの紛失について同協会への報告はなかった。前回目立った盗難による事故は2件、ファイル共有ソフトの事故は1件へと減少している。

同協会では、全体の件数だけでなく、重大事故についても減少する傾向を見せているとし、個人情報保護マネジメントシステムの浸透が事故の再発防止や予防処置に結びついていると総括している。

(Security NEXT - 2009/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
IoT機器メーカーなど半数が「セキュリティバイデザイン」採用 - 9割が規制を要望
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
Fintech利用は20人に1人、3割超が普及に「不安」 - 情報流出やなりすまし、悪質業者参入に懸念
中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多