Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスの解析に不可欠な技術「リバースエンジニアリング」の技術を競うコンテスト - ネットエージェント

ネットエージェントは、ウイルスの解析などに用いられる技術「リバースエンジニアリング」の速度を競うコンテストを開催する。

今回開催される「リバースエンジニアリングチャレンジ」は、プログラムを解析する上で必要となる「リバースエンジニアリング」の技術を競う一般参加型のコンテスト。

こうした技術は、ウイルスやマルウェアの分析へ活用されており、同社ではセキュリティ技術者の意識向上や育成などを目的として企画したという。

同イベントは、9月19日12時にスタートし、同社が参加登録者へ「問題ファイル」を提示。リバースエンジニアリングによる解析で得る回答速度を競う。優勝者など上位2人へ表彰状や賞品が送られる予定。

(Security NEXT - 2009/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
【特別企画】IoTで実現する「データ主導社会」、成功のカギは? - 総務省谷脇氏
「SECCON」と「SecHack365」がコラボ、「SECHACKCON2018」開催
米政府、北朝鮮製の破壊型マルウェアの情報を公開 - Windows XP向け機能も
認定個人情報保護団体の活動を紹介するシンポジウム - 個人情報保護委
JNSA、公開鍵暗号技術を考えるセミナーを都内で開催
英会話教室でメール誤送信 - 氏名やメアドが流出
「セキュリティ」テーマの小説コンテストが開催 - 大賞作品は書籍化
イベント告知メールで誤送信、メアド流出 - 江戸川区