Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスの解析に不可欠な技術「リバースエンジニアリング」の技術を競うコンテスト - ネットエージェント

ネットエージェントは、ウイルスの解析などに用いられる技術「リバースエンジニアリング」の速度を競うコンテストを開催する。

今回開催される「リバースエンジニアリングチャレンジ」は、プログラムを解析する上で必要となる「リバースエンジニアリング」の技術を競う一般参加型のコンテスト。

こうした技術は、ウイルスやマルウェアの分析へ活用されており、同社ではセキュリティ技術者の意識向上や育成などを目的として企画したという。

同イベントは、9月19日12時にスタートし、同社が参加登録者へ「問題ファイル」を提示。リバースエンジニアリングによる解析で得る回答速度を競う。優勝者など上位2人へ表彰状や賞品が送られる予定。

(Security NEXT - 2009/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
確認のためメアドをメール本文に、そのまま誤送信 - 佐賀県
サイバー防衛テーマのシンポジウムが熱海で開催
サプライチェーンのセキュリティでシンポジウム - IPA
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」