Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

部署移動の際に顧客名簿の紛失が判明 - 高島屋

高島屋は、約170件の顧客情報を記載した名簿2冊の紛失事故を発表した。

紛失した名簿は同社横浜店外商部によるもので、相模原市や町田市などの顧客情報を含み、氏名や住所、電話番号、口座番号など記載されていた。同部の事務所を移転する際に所在がわからなくなっていることが判明した。

同社では関連する顧客へ謝罪を行っており、所管官庁へ事故を報告した。不正利用などは確認されていないという。同社では、同店同部署の従業員が顧客情報を記録した端末を紛失し、今月2日に公表したばかりだった。

(Security NEXT - 2009/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会
メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県
メール送信ミス、競争入札申請業者のメアドが流出 - 水資源機構
子育て支援事業の参加者名簿を紛失 - 藤沢市
県議会選挙関連の情報含む資料を誤ファックス - 長野県
中学校で生徒の個人情報含む資料が所在不明 - 尾道市
USBメモリを紛失、農業団体の名簿など含む可能性 - 川崎市
生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市
小学校教員が個人情報写り込んだ画像をインスタ投稿 - 港区