Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティの草の根勉強会に会場などを提供 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、インターネットセキュリティに関する勉強会を支援する「草の根勉強会支援プログラム」の申し込み受け付けを開始した。

同プログラムは、勉強会を実施する企業や団体を対象に、同社が勉強会の開催場所や設備の提供、テーマ設定や講師手配の協力を無料で行うもの。開催頻度は年2回で、開催場所は同社のリージョナルトレンドラボ内。

対象となるのは、国内で活動している5人以上の団体で、セキュリティに関する学習意欲が高いことが条件。開催される勉強会への参加は最大10人まで。申し込みはメールかファックスで受け付ける。申し込み多数の場合は、活動内容や勉強会テーマなどをもとに同社が審査を行って決定する。

(Security NEXT - 2009/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
電通テック、パーソナルデータの管理と活用で新会社
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」をタイに設立 - 各国関係者が「CYDER」受講
JETRO、海外展開支援事業で49社を採択 - セキュリティ分野から2社
GMOペパボ、情報セキュリティ事業を行う新会社を福岡に設立
サーバなど4分の1の機器で不用意にポート公開 - サイト1割強がメンテ経路を開放
ラック、北九州にセキュリティ事業の技術拠点