Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティの草の根勉強会に会場などを提供 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、インターネットセキュリティに関する勉強会を支援する「草の根勉強会支援プログラム」の申し込み受け付けを開始した。

同プログラムは、勉強会を実施する企業や団体を対象に、同社が勉強会の開催場所や設備の提供、テーマ設定や講師手配の協力を無料で行うもの。開催頻度は年2回で、開催場所は同社のリージョナルトレンドラボ内。

対象となるのは、国内で活動している5人以上の団体で、セキュリティに関する学習意欲が高いことが条件。開催される勉強会への参加は最大10人まで。申し込みはメールかファックスで受け付ける。申し込み多数の場合は、活動内容や勉強会テーマなどをもとに同社が審査を行って決定する。

(Security NEXT - 2009/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
個人情報保護委と経産省、GDPR対応へ向けた参考資料を公開
「情報処理安全確保支援士」に2206人が新規登録 - 経過措置対象者が6割強
若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
若手エンジニア支援「すごうで2018」、急病時に役立つウェアラブル端末について開発支援
「セキュキャン」修了生の活躍を紹介するイベント - IPA
総務省、迷惑メールの情報交換でカナダ当局と協力覚書締結
詐欺サイトの通報窓口を開設 - セーファーインターネット協会
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
Cisco、インターポールと脅威情報を共有 - サイバー犯罪対策で