Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1日あたり平均15万台以上のPCがボットに感染 - マカフィーレポート

マカフィーは、2009年第2四半期の脅威レポートを取りまとめた。ボット感染PCやスパム流通量の増加は加速しており、深刻な状況が続いている。

同レポートによれば、同四半期において1400万台のコンピュータがボットに感染していることを確認。前四半期から16ポイントの増加となった。1日あたり平均15万台以上が感染する計算となり、1日に購入されているPCの20%にあたるという。

感染PCは7月上旬に発生した米国政府やニューヨーク証券取引所、韓国政府のウェブサイトを狙ったDDoS攻撃に使われるなど実害も確認されている。ボットが増加した影響でスパムの流通量も増加しており、毎月約33ポイントの増加を続けている。これは、1日で1170億通増加している計算になるという。

こうしたなか、ボット活動が最も増加したのは韓国で、あらたに感染したコンピュータの数は前四半期から45ポイントと大幅に上昇した。ただし世界に占める割合は4%で、米国の15%と大きく差が開いている。

また、Windowsのオートラン機能を悪用するマルウェアの拡散も悪化した。USBメモリなどリムーバブルメディア経由で感染するもので、同社の調査では30日間で2700万以上のファイルに感染したことが明らかになった。

そのほか、ブログサイト「Twitter」を標的とした攻撃の増加や、マルウェアを作成してボット管理者に提供するといった「サービスとしてのサイバー犯罪」という構造が発生していることなどを同社は指摘している。

(Security NEXT - 2009/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か