Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイルサーバOS「FreeNAS」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開

ファイルサーバ機能に特化した「FreeBSD」のディストリビューション「FreeNAS」に脆弱性が見つかった。脆弱性を解消したバージョンが公開されており、情報処理推進機構(IPA)がアップデートを呼びかけている。

同ディストリビューションに、クロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性が見つかったもの。ログインした状態で悪意あるページへアクセスした場合、意図しない操作が行われ、コンピュータが停止したり、ハードディスクが初期化されるなど被害に合う可能性がある。

脆弱性は、ラックの新柴博之氏が発見。4月21日にIPAへ届け、JPCERTコーディネーションセンターが解決にあたって開発者と調整を行った。

FreeNAS.org
http://www.freenas.org/

情報処理推進機構(IPA)
http://www.ipa.go.jp/

JPCERTコーディネーションセンター
http://www.jpcert.or.jp/

(Security NEXT - 2009/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ
CMSの「TYPO3」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Oracle WebLogic」に脆弱性、攻撃が発生中 - 早急に更新を
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に