Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ルールに従い強制暗号化するSaaS型サービス - メッセージラボジャパン

メッセージラボジャパンは、送信メールを暗号化する新サービス「Policy Based Encryption」を7月1日より提供開始する。

ウイルスやスパム対策など、セキュリティ対策をSaaS型サービスとして提供する同社メッセージングソリューションへ、暗号化機能を追加したもの。すでに米国ではサービスを提供しているが、今回日本語を含む12カ国語へ対応した。利用者はウイルス対策機能などをともに必要な機能を組み合わせて導入できる。

従来より導入企業のメールサーバからメッセージラボのサーバへ接続する際、TLSによる暗号化通信を行っているが、同サービスを導入することで、同社サーバから受信者に対して本文や添付ファイルを暗号化した状態でメールを配信できる。

メールに含まれている単語や数字、送信先、送信時間など利用者が設定したルールに従い、必要に応じて強制的に暗号化することが可能。暗号化されたメールは、同社ウェブポータル上に保存され、「プッシュ配信」として受信者へアクセス用のURLを通知。サーバに30日間保存され、確認や返信が行える。

さらに2回目以降の配信は、直接暗号化されたメールを送信する「プル配信」へ変更することもでき、ローカル環境で専用のアプリケーションで閲覧することが可能。

(Security NEXT - 2009/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず