Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ルールに従い強制暗号化するSaaS型サービス - メッセージラボジャパン

同社は、新サービス開始にあわせ、メディア向けに製品説明会を開催した。登壇した同社代表取締役の山本誠治氏は、世界同時不況であることから、コストが把握しやすいSaaSサービスが順調な伸びを見せているとし、現在ワールドワイドで20%程度だが、今後は40%ほどにシェアが拡大するとの調査会社による予測を紹介した。

また日本をはじめアジア地区のマーケティングを担当するMessageLabs AustralasiaでシニアディレクターマーケティングAPJを務めるAndrew Antal氏は、SaaSについてイギリスでは5割に迫る勢いだが、日本国内では10%未満と市場と立ち上がったばかりで「重要な市場」であると述べている。

さらに今回の新サービスについて山本氏は、従来個人情報や機密情報をインターネット上で利用することは避けられてきたが、分業やアウトソーシング、共同調達、共同配送など進むなか、安全に情報を交換できる環境が求められていると指摘。政府や公的機関、金融、医療製薬分野のほか、個人情報を大量に人材派遣事業者などに引き合いがあるとの見通しを示した。

同サービスを取り扱う日立情報システムズのネットワークサービス事業部セキュリティソリューション部主任技師の佐々木慎一氏も説明を行い、メール送信の暗号化が求められるPCI DSSといった市場でも需要が望めると語り、メンテナンスが必要となるアプライアンスなどに比べ、管理が容易とSaaSの優位性を強調した。

090604ml.jpg
Antal氏(画面左)と山本氏(右)

メッセージラボジャパン
http://www.messagelabs.co.jp/

日立情報システムズ
http://www.hitachijoho.com/

(Security NEXT - 2009/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPressよりスマホアプリを構築するプラグインに脆弱性
生徒の個人情報含む医療費支払請求書類が所在不明 - 東京都
美容室向け通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性
無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局