Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「DirectX」に脆弱性、ゼロデイ攻撃も発生 - MSがパッチを開発中

マイクロソフトは、「DirectX」に脆弱性が見つかったとして、アドバイザリを公開した。

「DirectShow」に脆弱性が存在し、細工が施された「QuickTimeメディアファイル」を開くとリモートでコードが実行されるおそれがあるもの。ウェブサイト経由で攻撃など行われる可能性がある。同社では「限定的」としながらも、すでに悪用コードによる攻撃を確認しているという。

同社によれば、脆弱性が含まれるのは、「Windows 2000 SP4」「Windows XP」「Windows Server 2003」で、「Windows Vista」および「Windows Server 2008」への影響は否定している。

同社は、脆弱性に関する詳細について調査を進めており、開発中のセキュリティ更新プログラムについて、定例外の提供も視野に入れ、対策を検討している。

Microsoft DirectShow の脆弱性により、リモートでコードが実行される
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/971778.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2009/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース