Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正行動で認証を追加する「RSA Adaptive Authentication」が携帯へ対応

RSAセキュリティは、6月17日より認証ソリューション「RSA Adaptive Authentication」の機能を強化する。

同製品は、インターネット利用時の本人認証機能を強化するソリューション。ログイン時におけるユーザーの行動からリスクを分析し、不正アクセスの可能性がある場合はさらに認証を追加できる。今回の機能強化では、決済の利用が拡大する携帯電話やスマートフォンに対応した。

モバイル端末では移動にともなうIPアドレスの変化や、ブラウザにおける制約など特有の問題を抱えているが、モバイル機器特有の情報をもとにしてリスク判定を行う機能を搭載。リスクのスコア化を実現し、PC同様のリスク判定が可能となったという。

(Security NEXT - 2009/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
指紋認証機能を搭載したクレジットカード - 凸版印刷
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
産業用ドローンにセキュリティガイド - リスクや業務運用の注意点など解説
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス