Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレジットカードの偽造防止ホログラムシールがB2B市場に流通

クレジットカードなどの偽造防止に用いられるホログラムシールの偽造シールが、一般的なB2B市場に出回っていることをF-Secureのセキュリティ研究者が伝えている。

大手トレーディングサイト「alibaba.com」でゴールドサプライヤーとして出店している企業が、VISAカードで採用されている鳥のシールに酷似したホログラムシールを販売していることが判明したもの。同研究者は「このごろはオンラインで何でも手に入る」と皮肉混じりに報告している。

本誌編集部で確認したところ、問題のページはすでに削除されていたが、インターネット上のキャッシュ上に形跡が残存。さらにマスターカードのホログラムシールに似た世界地図のホログラムが同様に販売されていた様子が確認された。

090410fs3.jpg
VISAカードで利用されているハトに酷似したステッカー。2009年はじめごろには「VISA Hologram」という名称で販売されていたようだ

090410fs4.jpg
よく見る世界地図にくわえ、うっすら「Mastercard」らしき文字がみえる

(Security NEXT - 2009/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト
「カードが虐待されている」? - セゾンカード装うフィッシング攻撃に注意
廃業した工具通販サイト、2017年にクレカ情報流出の可能性
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
森永乳業の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール