Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレジットカードの偽造防止ホログラムシールがB2B市場に流通

クレジットカードなどの偽造防止に用いられるホログラムシールの偽造シールが、一般的なB2B市場に出回っていることをF-Secureのセキュリティ研究者が伝えている。

大手トレーディングサイト「alibaba.com」でゴールドサプライヤーとして出店している企業が、VISAカードで採用されている鳥のシールに酷似したホログラムシールを販売していることが判明したもの。同研究者は「このごろはオンラインで何でも手に入る」と皮肉混じりに報告している。

本誌編集部で確認したところ、問題のページはすでに削除されていたが、インターネット上のキャッシュ上に形跡が残存。さらにマスターカードのホログラムシールに似た世界地図のホログラムが同様に販売されていた様子が確認された。

090410fs3.jpg
VISAカードで利用されているハトに酷似したステッカー。2009年はじめごろには「VISA Hologram」という名称で販売されていたようだ

090410fs4.jpg
よく見る世界地図にくわえ、うっすら「Mastercard」らしき文字がみえる

(Security NEXT - 2009/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
ICクレカ保有者は71.8% - 非対応店舗に否定的な印象も
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
ICクレジットカード取扱店向けにロゴマーク - 日本クレジット協会と経産省
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト