Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールセキュリティ対策製品に時間差配信機能を追加 - オレンジソフト

オレンジソフトは、メールの添付ファイルに起因した情報漏洩を防止するメールゲートウェイ製品「BRODIAEAsafeAttach Enterprise」の最新版を4月にリリースする。

同製品は、メールの添付ファイルを暗号化し、受信者へダウンロードにより提供することで、情報漏洩を防止するセキュリティ対策製品。最新版では「時間差配送機能」をサポートし、送信メールを一定時間保留することが可能となった。

同機能を利用することにより、誤送信が判明した場合、保留中であれば配信をキャンセルすることが可能。また、組織内部関係者に対してはメールを即時配信し、外部向けのメールのみに時間差を設けるなど、ポリシーを設定することができる。価格は、500ユーザー利用時で220万円から。

(Security NEXT - 2009/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
ジュピターテク、ユーザー操作監視ソフトの新版を発売
エルテスとクロスワープ、企業の内部情報漏洩対策サービスを中国で提供