Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic

LogLogic Japanは、ログ分析などによりセキュリティ環境を実現するアプライアンス製品やログ管理プラットフォーム「LogLogic 4.6i」を発表した。

Patricia Sueltz氏
製品発表会で説明を行ったLogLogic社長兼CEOのPatricia Sueltz氏

「LogLogic Compliance Manager」は、同社のログ管理ソリューションのログを活用し、承認ワークフローやレビューなどを自動化できるコンプライアンス管理製品。PCI DSSやHIPAAなど特定ルールに基づいたレポートをわかりやすく確認できるダッシュボードを提供する。

一方「LogLogic Database Security Manager」は、データベースの操作などを監視するセキュリティ対策製品。「Oracle」や「Microsoft SQL Server」に対応しており、不正操作など脅威を検知することが可能。同社によれば、SQLインジェクション攻撃にも対応しているという。

さらに各機器のイベントをリアルタイムに分析し、相関分析や脅威の検出、セキュリティインシデントのワークフロー管理を行える新製品「LogLogic Security Event Manager, powered by Exaprotect」を発売。「LogLogic Database Security Manager」や「LogLogic Compliance Manager」と連携し、管理者へアラートを発行することができる。

同社では、3製品についてローカライズなども含め、国内での発売時期についてパートナーと調整を進めている。

(Security NEXT - 2009/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出