Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic

LogLogic Japanは、ログ分析などによりセキュリティ環境を実現するアプライアンス製品やログ管理プラットフォーム「LogLogic 4.6i」を発表した。

Patricia Sueltz氏
製品発表会で説明を行ったLogLogic社長兼CEOのPatricia Sueltz氏

「LogLogic Compliance Manager」は、同社のログ管理ソリューションのログを活用し、承認ワークフローやレビューなどを自動化できるコンプライアンス管理製品。PCI DSSやHIPAAなど特定ルールに基づいたレポートをわかりやすく確認できるダッシュボードを提供する。

一方「LogLogic Database Security Manager」は、データベースの操作などを監視するセキュリティ対策製品。「Oracle」や「Microsoft SQL Server」に対応しており、不正操作など脅威を検知することが可能。同社によれば、SQLインジェクション攻撃にも対応しているという。

さらに各機器のイベントをリアルタイムに分析し、相関分析や脅威の検出、セキュリティインシデントのワークフロー管理を行える新製品「LogLogic Security Event Manager, powered by Exaprotect」を発売。「LogLogic Database Security Manager」や「LogLogic Compliance Manager」と連携し、管理者へアラートを発行することができる。

同社では、3製品についてローカライズなども含め、国内での発売時期についてパートナーと調整を進めている。

(Security NEXT - 2009/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【訂正あり】「Oracle Database」にあらたな脆弱性、一部バージョンは7月のパッチで修正済み
「Samba」に5件の脆弱性 - 制御奪取や情報漏洩のおそれ
一部セキュリティ製品がJPCERT/CCサイトをブロック - 異常見られず、アクセスに問題なし
LinuxカーネルのIPフラグメント処理に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも
VMware、脆弱性「Foreshadow」向けにパッチを用意 - 緩和策も
セキュリティアップデート「OpenSSL 1.1.0i」「同1.0.2p」がリリース
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定