Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、「2008年上半期情報漏えいインシデント報告書」改訂版を公開

日本ネットワークセキュリティ協会は、「2008年上半期情報漏えいインシデント報告書」の改訂版を公表した。

同報告書は、同協会セキュリティ被害調査ワーキンググループが、2008年1月から6月までに新聞やインターネットメディアで報道された個人情報漏洩に関連した事件に関して調査、分析したもの。2008年12月に公表した速報版の一部を改訂し、「Ver.1.1」として公開した。件数や割合について修正が行われている。

調査によれば、もっとも多かった漏洩の原因は36.6%の「誤操作」。管理ミス(19.2%)、盗難(15.7%)、紛失や置き忘れ(14.5%)が続いている。不正な持ち出しは5位で4%、内部犯罪についても1.2%あった。

流出経路は、紙媒体が55.2%。USBメモリといったリムーバブルメディアが10.2%、ウェブやネット経由が10%と続いている。

日本ネットワークセキュリティ協会
http://www.jnsa.org/

(Security NEXT - 2009/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「livedoor ID」に対して大規模な不正ログイン試行
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に
Accenture、重要インフラセキュリティのRevolutionary Securityを買収
WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
福祉事務所でメール添付ミス、名簿を誤送信 - 糸魚川市
緊急事態宣言解除後のセキュリティチェックリスト - JNSA