Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

病院へ搬送した救急患者の個人情報を紛失、突風で飛散 - 北九州市

北九州市消防局は、救急出動し病院へ搬送した患者1人の個人情報が記載された記録票の紛失を発表した。突風にあおられ飛散した可能性が高いという。

所在が不明になっているのは、救急患者の状況を記録した「救急活動記録票」1枚。患者の氏名、住所、生年月日、既往歴、観察結果などが記載されている。

2月13日、若松区で収容した患者を八幡西区内の病院へ搬送したのち、別の救急患者を福津市内の病院へ搬送。帰署後、救急活動報告書を作成しようと記録票を確認したところ、若松区の患者について記載された記録票の紛失が判明した。

当日は暴風警報が発令されており、2人目の患者を収容するため救急車の後部ドアを開放した際、突風で車内の書類が飛散。この際に書類を紛失した可能性が高いとしている。

同市では、患者の家族に対し説明や謝罪を行っているが、個人情報が不正に利用されたとの報告は受けていないという。

(Security NEXT - 2009/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

段ボール箱開き個人情報含む書類がトラックから飛散 - 岩国市
廃棄公文書が収集時に飛散、一部未回収の可能性 - 大阪市
融資受けた顧客の書類が飛散、一部回収できず - 中央労金
顧客情報含む書類が運搬中に飛散、一部紛失か - 四国電力
個人情報記載の書類が突風で国道上に散乱、一部回収できず - 大阪市
個人情報記載の書類が強風により飛散、一部回収できず - 農水省
入院患者の処方箋が路上に散乱、回収漏れの可能性も - 八王子の精神科病院
廃棄カルテが運搬中の車両から飛散 - 浦河赤十字病院
個人情報含む廃棄書類が運搬中に落下し散乱 - 横浜市
航空機から荷下ろし中に郵便物が強風で飛散、一部紛失の可能性