Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール配信ミスで顧客のアドレスを流出 - 中古ブランドのネットショップ

中古のブランド衣料や装飾品を販売するオンラインショップ「RAGTAG Online」において、メール配信ミスが発生し、顧客情報1758件が流出した。

同サイトを運営するティンパンアレイによれば、2月8日に配信した新着商品の案内メールにおいて設定の人為的ミスが発生。ショップに携帯アドレスで会員登録している顧客最大1758人の氏名とメールアドレスが、同メールに記載された状態で送信された。

同社では、対象となる顧客に対しメールで説明と謝罪を行った。また、ショップからの案内メールについては当分の間配信を自粛するとしている。

(Security NEXT - 2009/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
同報メールの件名にメアドを記載、委託先で - 愛知県
新型コロ関係事業の案内メールで誤送信 - 大阪府
肉加工食品通販サイトに不正アクセス - 情報流出でカード不正利用の可能性
メール送信ミスで研究協力者のメアド流出 - 東大
2度にわたりメール誤送信、メアド流出 - 日の丸自動車学校
JICA関連サイトに不正アクセス - メアドやPWなど流出
誤アップロードされた個人情報、削除されずメール配信 - スペースマーケット
委託先でメール送信ミス、メアド流出 - 山口県
営業再開の案内メールで送信ミス - 静岡のリゾートホテル