Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、深刻度「緊急」2件を含む4件のパッチを公開 - 攻撃コードが容易に作られるおそれも

マイクロソフトは、2月の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。予告どおり深刻度「緊急」「重要」それぞれ2件づつ公開されている。

深刻度が「緊急」とされる「MS09-002」は、「Internet Explorer」における非公開の脆弱性2件を解消するプログラム。細工されたページを表示するなど攻撃を受けた場合、リモートでコードが実行されるおそれがある。

同様に「緊急」の「MS09-003」は、「Microsoft Exchange」における非公開で報告された2件の脆弱性を解決するもの。細工がされたTNEFのメッセージによりリモートでコードが実行される問題やMAPIコマンドの脆弱性によりサービス拒否が発生する問題へ対応している。

一方「MS09-004」は、「Microsoft SQL Server」向けのプログラムで深刻度は「重要」。一部バージョンにおいてリモートでコードが実行される問題を解決した。また同じく「重要」とされる「Microsoft Office Visio」の脆弱性を修正する「MS09-005」もあわせて公開した。

悪用される可能性の指標については、「MS09-002」と「MS09-004」がいずれも3段階中もっとも危険とされる「安定した悪用コードの可能性」に設定されており、悪用コードが容易に作られる可能性があるという。また「MS09-003」「MS09-005」についても2段階中2番目の「不安定な悪用コードの可能性」に指定されている。

2009年2月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms09-feb.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2009/02/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず