Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信ミスで入札参加希望者のアドレスを流出 - 丸亀市

香川県丸亀市においてメールの送信ミスが発生し、同市が実施する公有財産売却の入札参加希望者76人のアドレスが流出した。

同市によれば、2月4日に公有財産売却の入札参加希望者へ手続き依頼のメールを送信した際、アドレスを誤って「宛先」欄に入力して送信。そのためすべての送信先アドレスが表示された状態で送られたという。

同メールは2回に分けて送信されたため、1回目は10人、2回目は66人のアドレスが流出。5日に受信者からの指摘があり、判明した。同市では関係者にメールで謝罪し、誤送信メールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2009/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
アイ・オーNAS管理サービスへの不正アクセス、複数サーバに痕跡
メール送信ミスで顧客のメアド流出 - ヒューマックスシネマ
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
メール誤送信で大阪府港湾協会会員のメアド流出 - 大阪府
原子力規制庁でメール誤送信 - 在宅勤務職員の個人メアド誤り第三者へ
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
マスク販売の当選メールで宛先が流出 - プログラム不具合で