Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なりすましてネットバンクへ申し込み、郵送物を取得し不正送金

埼玉りそな銀行のインターネットバンキングサービス「りそなダイレクト」に対し、なりすまし攻撃が発生していたことがわかった。

2008年12月にオンラインサインアップサービスで預金者になりすまして「りそなダイレクト」の利用申し込みを行い、預金者へ郵送される「手続き完了のお知らせ」を何らかの方法で取得、預金を不正に振り込む事件が2件発生したという。

今回の事件を受け、りそなグループでは「りそなダイレクト」のオンラインサインアップサービスを停止。警察と協力し対応を進めている。また現在の利用者において同様の不正取引が発生する心配はないとアナウンスしている。

http://www.resona-gr.co.jp/
りそなホールディングス

(Security NEXT - 2009/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
「Install Norton Security for Mac」に脆弱性 - 中間者攻撃のおそれ
シャープのロボット掃除機「COCOROBO」に脆弱性 - 不正操作のおそれ
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
NEC、歩きながら顔認証を可能にする入退管理ソリューション
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK
NEC、顔認証機能をクラウドで提供 - 顔認証ソフトの強化も