Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カード売上票の紛失、33駅で約15万枚が判明 - JR西日本

JR西日本において、約15万枚のクレジットカード売上票が所在不明となっていることがわかった。10月に桜井駅で紛失が判明したことから、全駅で保管状況を調べたところ判明したという。

紛失した売上票は駅が保存する控えで、利用者の氏名のほか、カード番号の一部、利用カード会社の略称、有効期限、取引金額、取引内容、署名などが記載されている。

最も多かった福知山線西宮名塩駅の3万8000枚をはじめ、山陽線新井口駅では1万1900枚、片町線鴻池新田駅では1万1600枚、山陽線倉敷駅では1万1200枚の所在がわかっていない。

同社では、不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高いとしており、情報が外部に流出したおそれは低いと説明。不正利用の報告も確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2008/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
防犯協会送付用の自転車防犯登録カードを紛失 - 栃木のホームセンター
元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀
契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通
個人情報を一般ゴミで廃棄、路上散乱 - 大阪府立高校
「高校生活支援カード」を紛失、誤廃棄か - 大阪府