Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、IEやワードパッドのゼロデイ攻撃を確認 - 国内で検体も収集

トレンドマイクロは、マイクロソフトが今週アドバイザリとして公表したワードパッドやIEの脆弱性に対するゼロデイ攻撃を確認したという。

同社研究期間であるリージョナルトレンドラボが確認したもので、「Internet Explorer」を攻撃するスクリプト「JS_DLOAD.MD」が、複数のウェブサイトに埋め込まれていることを確認した。同プログラムが埋め込まれたサイトへアクセスすると、複数のウェブサイトへリダイレクトされ、複数の「TSPY_ONLINEG」ファミリーに感染するという。

またワードパットの脆弱性についても、攻撃する不正プログラム「TROJ_MCWORDP.A」が出回っており、日本国内の顧客から検体も収集しているという。感染した場合、ほかの不正プログラムをダウンロードするなど被害が発生する可能性がある。

(Security NEXT - 2008/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪用難しいと思われた「Office脆弱性」、公表2週間でマルウェアに - Visa偽装メールで拡散
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
新種ランサム「Bad Rabbit」は「EternalRomance」を悪用
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
「Petya」類似の新種ランサム「Bad Rabbit」 - ニュースサイト経由で感染誘導
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す