Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府機関向けのセキュリティ統一基準で意見募集 - NISC

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準(案)」について意見を募集している。

第19回情報セキュリティ政策会議が第4版案をl決定したことを受け、パブリックコメントを開始したもの。同基準は、政府機関が情報セキュリティを確保するために必要な条件や対策などを定めたもので、水準維持を目的として定期的に見直しを実施している。

第4版には、最高情報セキュリティアドバイザーの設置について義務化し、専門家の指示やアドバイスを組織へ素早く反映できるようマネジメントの強化について盛り込んだ。ウェブの閲覧時のセキュリティ対策としてクライアントの設定やデータ送信時の安全性の確認についても言及した。

さらにボット対策としてメールの送信時認証を基本遵守事項に変更。また無線LAN対策として通信内容の暗号化を必要事項として記載した。

意見はメールやファックス、郵送で受け付けており、提出期限は2009年1月13日。

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)
http://www.nisc.go.jp/

(Security NEXT - 2008/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず