Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報14万5052人分が外部から閲覧可能に - JALホテルズ

JALホテルズの顧客情報14万5052人分が、約2カ月間にわたってインターネット上から閲覧できる状態だったことがわかった。

閲覧可能となったのは、同社が2008年9月24日付けでキャンペーンメールを送信した顧客の個人情報14万5052人分。氏名やメールアドレスが含まれる。委託先の作業ミスにより、10月10日から12月4日まで作業用に利用していたウェブサイトに掲載し、外部から閲覧できる状態になっていたという。

24日に問題が発覚し、同社ではデータを削除した。不正利用の報告なども受けていないと説明している。

(Security NEXT - 2008/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
体育施設開放の案内メールで送信ミス - 我孫子市
事業者アンケートで他社回答を表示する不具合 - 公取委
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
不正アクセスで個人情報流出か、データ消失も - 城南進学研究社
成績含む資料を学生に開示、匿名メールで指摘 - 名古屋市大
中古重機の販売サイトで不具合 - 他顧客情報を誤表示
メルマガ送信で操作ミス、メアド流出 - 茨城県