Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報14万5052人分が外部から閲覧可能に - JALホテルズ

JALホテルズの顧客情報14万5052人分が、約2カ月間にわたってインターネット上から閲覧できる状態だったことがわかった。

閲覧可能となったのは、同社が2008年9月24日付けでキャンペーンメールを送信した顧客の個人情報14万5052人分。氏名やメールアドレスが含まれる。委託先の作業ミスにより、10月10日から12月4日まで作業用に利用していたウェブサイトに掲載し、外部から閲覧できる状態になっていたという。

24日に問題が発覚し、同社ではデータを削除した。不正利用の報告なども受けていないと説明している。

(Security NEXT - 2008/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
情報提供メール1450件を誤送信、メアドが流出 - 機器販売会社
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
貸会議室利用者向けメールで誤送信、メアド1875件流出 - サンフロンティア不動産
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
メール誤送信で委託先担当者情報など流出 - 東京都公園協会
顧客向けメールで誤送信、CCにメアド620件 - 沖縄電
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
防災対策要請メールを誤送信、診療所のメアド流出 - 山口県