Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報14万5052人分が外部から閲覧可能に - JALホテルズ

JALホテルズの顧客情報14万5052人分が、約2カ月間にわたってインターネット上から閲覧できる状態だったことがわかった。

閲覧可能となったのは、同社が2008年9月24日付けでキャンペーンメールを送信した顧客の個人情報14万5052人分。氏名やメールアドレスが含まれる。委託先の作業ミスにより、10月10日から12月4日まで作業用に利用していたウェブサイトに掲載し、外部から閲覧できる状態になっていたという。

24日に問題が発覚し、同社ではデータを削除した。不正利用の報告なども受けていないと説明している。

(Security NEXT - 2008/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
サービス案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 人材支援サービス会社
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
操作ミス重なりメール誤送信でメアド流出 - 横浜市
メール誤送信で製品モニター応募者のメアド流出 - 大王製紙
スキャンした答案用紙を模範解答と誤り配信 - 佐賀県の高校
職員が同窓会目的で個人情報照会システムを利用 - 前橋市
入試情報サイトで個人情報が閲覧可能に - 京都精華大