Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報14万5052人分が外部から閲覧可能に - JALホテルズ

JALホテルズの顧客情報14万5052人分が、約2カ月間にわたってインターネット上から閲覧できる状態だったことがわかった。

閲覧可能となったのは、同社が2008年9月24日付けでキャンペーンメールを送信した顧客の個人情報14万5052人分。氏名やメールアドレスが含まれる。委託先の作業ミスにより、10月10日から12月4日まで作業用に利用していたウェブサイトに掲載し、外部から閲覧できる状態になっていたという。

24日に問題が発覚し、同社ではデータを削除した。不正利用の報告なども受けていないと説明している。

(Security NEXT - 2008/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
農業従事者向けメールで誤送信 - 富山県
メール送信ミスで講習受講希望者のメアド流出 - 香川大
映画「おっさんずラブ」エキストラ応募者へのメールで誤送信
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
指定低公害車申請受付の案内メールで誤送信 - 東京都
顧客情報を誤表示、キャッシュ設定ミスで - グリーンスタンプ
会員向けメールで送信ミス - 東京港埠頭