Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルス対策ソフトがパフォーマンスに与える影響少ない」 - エフセキュアがゲーマーに注意喚起

エフセキュアは、オンラインゲームのユーザーに対して、直面する可能性がある5つの脅威について注意喚起を行った。

同社では、外部からの脅威として無害のプログラムと見せかけてコンピュータに進入する「トロイの木馬」と、トロイの木馬の多くに組み込まれている「キーロガー」を取り上げた。感染するとキーボードの入力情報が詐取され、IDやパスワードが盗まれるなど、その危険性を示した。

一方残り3つの脅威は、外部からの脅威だけでなく、ユーザー自らの過失や設定ミスが発端となる問題だという。

ひとつはファイアウォールの設定ミス。ゲームで遊ぶことを目的にファイアウォールの設定を誤って変更したり、完全に切ってしまう事例を取り上げ、そうした行為を「裸になることと同じ」とその危険性を表現している。

さらにゲームプレイ時に、コンピュータの動作が重くなるとして、ウイルス対策ソフトがオフにされることがあるが、メール経由でウイルスに侵入されるなど危険に身をさらす可能性があると警告。

ゲームプレイヤーに対し、ウイルス対策機能は、プログラムを開閉する際に作動するだけで、ゲームのパフォーマンスにほとんど影響を与えないと訴えている。

また実際の金銭を賭けて遊ぶ「オンラインポーカー」については、マネーロンダリングなどに悪用され、盗まれたクレジットカードなどが不正に利用されていると問題を指摘した。

(Security NEXT - 2008/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
設定ミスにより危険な状態の「SAP」が多数存在 - 攻撃ツールが流通
複数の日系自動車関連企業にサイバー攻撃 - ベトナムのグループ関与か
「Apache httpd」脆弱性に悪用コード - 共有ホスティングサーバなどに影響
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
「端末が不正利用」とキャリアの緊急連絡偽うメールに注意 - 情報窃取アプリの導入促す
通販サイトへPWリスト攻撃、遮断直後に発信国変更して継続
偽メルカリに注意 - 4月23日の「振込申請ルール変更」に便乗