Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルス対策ソフトがパフォーマンスに与える影響少ない」 - エフセキュアがゲーマーに注意喚起

エフセキュアは、オンラインゲームのユーザーに対して、直面する可能性がある5つの脅威について注意喚起を行った。

同社では、外部からの脅威として無害のプログラムと見せかけてコンピュータに進入する「トロイの木馬」と、トロイの木馬の多くに組み込まれている「キーロガー」を取り上げた。感染するとキーボードの入力情報が詐取され、IDやパスワードが盗まれるなど、その危険性を示した。

一方残り3つの脅威は、外部からの脅威だけでなく、ユーザー自らの過失や設定ミスが発端となる問題だという。

ひとつはファイアウォールの設定ミス。ゲームで遊ぶことを目的にファイアウォールの設定を誤って変更したり、完全に切ってしまう事例を取り上げ、そうした行為を「裸になることと同じ」とその危険性を表現している。

さらにゲームプレイ時に、コンピュータの動作が重くなるとして、ウイルス対策ソフトがオフにされることがあるが、メール経由でウイルスに侵入されるなど危険に身をさらす可能性があると警告。

ゲームプレイヤーに対し、ウイルス対策機能は、プログラムを開閉する際に作動するだけで、ゲームのパフォーマンスにほとんど影響を与えないと訴えている。

また実際の金銭を賭けて遊ぶ「オンラインポーカー」については、マネーロンダリングなどに悪用され、盗まれたクレジットカードなどが不正に利用されていると問題を指摘した。

(Security NEXT - 2008/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
悪用難しいと思われた「Office脆弱性」、公表2週間でマルウェアに - Visa偽装メールで拡散
米警告の北朝鮮サイバー攻撃 - 国内では未確認
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
「macOS High Sierra」に誰でも容易にroot権限取得できる問題 - 対策の実施を
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
銀行装うマルウェア感染メールに注意 - 法人向けの文面なども
「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求
国際情勢など記載した外務省職員をかたるマルウェアメールに注意