Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルス対策ソフトがパフォーマンスに与える影響少ない」 - エフセキュアがゲーマーに注意喚起

エフセキュアは、オンラインゲームのユーザーに対して、直面する可能性がある5つの脅威について注意喚起を行った。

同社では、外部からの脅威として無害のプログラムと見せかけてコンピュータに進入する「トロイの木馬」と、トロイの木馬の多くに組み込まれている「キーロガー」を取り上げた。感染するとキーボードの入力情報が詐取され、IDやパスワードが盗まれるなど、その危険性を示した。

一方残り3つの脅威は、外部からの脅威だけでなく、ユーザー自らの過失や設定ミスが発端となる問題だという。

ひとつはファイアウォールの設定ミス。ゲームで遊ぶことを目的にファイアウォールの設定を誤って変更したり、完全に切ってしまう事例を取り上げ、そうした行為を「裸になることと同じ」とその危険性を表現している。

さらにゲームプレイ時に、コンピュータの動作が重くなるとして、ウイルス対策ソフトがオフにされることがあるが、メール経由でウイルスに侵入されるなど危険に身をさらす可能性があると警告。

ゲームプレイヤーに対し、ウイルス対策機能は、プログラムを開閉する際に作動するだけで、ゲームのパフォーマンスにほとんど影響を与えないと訴えている。

また実際の金銭を賭けて遊ぶ「オンラインポーカー」については、マネーロンダリングなどに悪用され、盗まれたクレジットカードなどが不正に利用されていると問題を指摘した。

(Security NEXT - 2008/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
「PowerDNS Authoritative Server」にRCEの脆弱性 - アップデートがリリース
ニコニコ狙う不正ログイン攻撃、数百万回規模の試行 - 分散したIPアドレスより攻撃
NISC、Twitterのパスワード変更を府省庁へ注意喚起 - 所管業界への周知求める
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども