Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player 10」へ便乗するマルウェアがGoogle広告に - G DATAが確認

G DATA Softwareは、Googleの広告にマルウェアへのリンクが断続的に表示されたとして注意を呼びかけた。

同社によれば、今回確認されたのは最新版が公開された「Flash Player」に便乗する攻撃。ドイツのGoogleで「Flash Player」を検索すると、検索結果に正規サイトである「Adobe Flash Playerダウンロードセンター」へのリンクが表示されるものの、18日ごろから広告に不正サイトへのリンクが表示される状態になったという。

問題のサイトは、「www.flash-player-10.com」と名乗るサイトで、一見「Flash Player 10」がダウンロードできるように見せかけているものの、実際に配布されているのはマルウェア「Win32_Agent」。攻撃はドイツのGoogleで発生しており、日本向けのサービスでは見つかっていないという。

同社では、今後日本のユーザーをターゲットとした攻撃が発生する可能性があると警告。ソフトを利用する際に正規サイトより入手するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
「Cylance」がコンシューマー向け製品を投入
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス