Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player 10」へ便乗するマルウェアがGoogle広告に - G DATAが確認

G DATA Softwareは、Googleの広告にマルウェアへのリンクが断続的に表示されたとして注意を呼びかけた。

同社によれば、今回確認されたのは最新版が公開された「Flash Player」に便乗する攻撃。ドイツのGoogleで「Flash Player」を検索すると、検索結果に正規サイトである「Adobe Flash Playerダウンロードセンター」へのリンクが表示されるものの、18日ごろから広告に不正サイトへのリンクが表示される状態になったという。

問題のサイトは、「www.flash-player-10.com」と名乗るサイトで、一見「Flash Player 10」がダウンロードできるように見せかけているものの、実際に配布されているのはマルウェア「Win32_Agent」。攻撃はドイツのGoogleで発生しており、日本向けのサービスでは見つかっていないという。

同社では、今後日本のユーザーをターゲットとした攻撃が発生する可能性があると警告。ソフトを利用する際に正規サイトより入手するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
島根県立大、学生アカウント乗っ取り被害でスパムの踏み台に - 原因は調査中
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
「Windows Defender ATP」と「SOC」を連携させたMSS - NTTコム
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり
シマンテック、USBメモリ挿すだけのマルウェア対策製品 - 重要インフラ向けに
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応