Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、10月の月例パッチは11件 - 「緊急」4件含む

マイクロソフトは、10月15日に公開するセキュリティ更新プログラムの事前予告を行った。11件のプログラムについて準備が進められている。

深刻度が「緊急」とされる脆弱性が4件、「重要」が6件、「警告」が1件。9月は4件だったが、提供件数が大きく増加している。「緊急」とされる脆弱性は「Active Directory」「Internet Explorer」「Host Integration Server」「Excel」に関するもので、いずれも外部よりコードが実行されるおそれがあるという。

また重要とされるプログラムは、特権の昇格やリモートでコードが実行されるなどいずれもWindowsに関するもの。さらに「警告」としてOffice向けのプログラムについても提供される予定。

2008年10月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS08-oct.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定