Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米NISTのマルウェア対策手引き書を翻訳し提供 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、米国国立標準技術研究所(NIST)が発行したマルウェアのインシデント対策資料を翻訳し、提供を開始した。

同機構では、NRIセキュアテクノロジーズと共同でセキュリティ啓発を目的にNISTなどの資料について翻訳し、成果を一般向けに公開している。今回NISTが2005年11月に公開した「マルウェアによるインシデントの防止と対応のためのガイド」の公開を開始した。

同資料は、組織におけるマルウェアインシデントの防止対策を取りまとめたもので、マルウェアの分類をはじめ、インシデントの防止や対応方法などを収録している。A4サイズ全116ページのPDFファイルで、ウェブサイト上よりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2008/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
BlackBerry、14億米ドルでCylanceを買収 - エンドポイントや車載向け製品などを強化
2018年度上半期の標的型攻撃相談155件 - 添付ファイル暗号化、PW別送の手口に注意
「Office」数式エディタの脆弱性狙うマルウェア、一時大きく増加
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調