Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報紛失で県立高校教諭を懲戒処分 - 千葉県教育委員会

千葉県教育委員会は、生徒の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失した県立高校の教諭に対し、懲戒処分を実施した。

紛失したのは個人所有のメモリで、生徒の調査書データおよび教科の成績などが保存されていた。メモリの管理が不十分であったことから、8月23日から26日の間に紛失。同県教委ではこれを受け、同教諭に対し戒告の懲戒処分を決定したという。

(Security NEXT - 2008/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で児童の個人情報を紛失 - 福岡市
高校で生徒の緊急連絡先カードが所在不明 - 愛知県
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども
児童名簿紛失を報告しなかった校長らに対し懲戒処分 - 千葉市
小学校で児童名簿を紛失、5カ月後の匿名通報で発覚 - 千葉市
児童や学生など含む個人情報約4万5000件が流出した可能性 - 前橋市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 川崎市
事故の被処分者に関する個人情報含む資料をメールで送信 - 東京都
区立こども園の保育室で園児画像含むカメラが所在不明に - 台東区