Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールを一定時間保留することで誤送信を防ぐ「留め~る」 - 日立ソフト

日立ソフトウェアエンジニアリングは、「メールソリューション」の新メニューとしてメールの誤送信を抑止するソリューション「留め~る」を追加し、9月1日より提供開始する。

同製品は、送信メールを誤送信抑止サーバ上で一定時間保留できるセキュリティソリューション。保留時間内であれば、送信者がウェブ画面から送信をキャンセルすることができる。送信メールを監視して、キーワードや添付ファイルの属性から、誤送信の可能性があるメールの送信者に通知する「誤送信リスク通知機能」を搭載している。

このほか、社外へのメールは保留するが社内宛てのメールは即時送信する「時間差送信機能」や、保留時間の自動延長、ユーザーアカウントの自動登録などの機能を備えた。

誤送信抑止サーバは、同社の誤送信抑止モジュールと、センドメールのメール製品で構成されている。価格は初年度保守費用含め、250ユーザーで171万1500円から。

(Security NEXT - 2008/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
「サイバー攻撃疑似偵察サービス」を開始 - NEC SI
経営陣向けにセキュリティ経営の支援メニュー - ニュートン
新社会人向けセキュリティ研修動画を公開 - CSIRTトレーニングセンター
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」