Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player」の脆弱性に注意 - 「対策漏れになりやすい3つ理由」

多くのユーザーに利用されている「Flash Player」には、複数の要因から脆弱性への対策漏れが発生しやすく、ウイルス感染による重大な被害に遭うおそれがあるとして、情報処理推進機構(IPA)が注意を呼びかけている。

以前の「Flash Player」には、不正に細工が施されたコンテンツへアクセスするだけでコードが実行され、ウイルスに感染する深刻な問題が含まれており、実際に同機構ではこうした脆弱性を攻撃するウイルスを確認している。

一方で、購入時より多くのブラウザにプラグインとしてあらかじめ組み込まれており、利用者がインストールしていることを意識していないケースが多いなど、脆弱性情報に対して注目しない可能性がある。

さらに自動更新の機能がなく手順が複雑な点、複数のブラウザを利用している場合にそれぞれアップデートを実施しなければならない点など、対策漏れにつながる3種類の主な要因を同機構では指摘している。

また問題のウイルスは、セキュリティ対策ソフトで検知できないケースもあり、ウイルスに感染した場合、ダウンローダーとして動作し、不正ソフトが次々とインストールされ、パソコンが外部から操作されたり、個人情報が流出など深刻な被害を招く可能性が高い。

同機構では、利用しているすべてのブラウザにおいて「Flash Player」のバージョンを確認し、古いようであればアップデートを実施、脆弱性を解消した最新バージョンを利用するよう注意を呼びかけている。

情報処理推進機構(IPA)
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2008/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大